勝田整体治療院

有名な整体(整体院)横浜市神奈川区東白楽駅/身長を伸ばす整体でも有名な横浜の整体院。

TEL.045-717-7277

〒221-0065 横浜市神奈川区白楽4-13 マツヤ第5ビル3F
(東横線/東白楽駅 徒歩1分以内・京浜東北線/東神奈川駅 徒歩約7分)

勝田整体治療院(東京/横浜)

TBSテレビ「ラヴィット」帯整体で身長を伸ばす!

本日、日本一明るい朝番組TBSテレビ「ラヴィット」に出演しました。

【東京ホテイソン・ショーゴさんからの依頼】

ショーゴさんの依頼「僕が調査して欲しいことは」で、

「身長を伸ばす方法を知りたい!」との依頼。

※身長が169センチしかないので、あと1センチ伸ばして170センチ台にしたい。

※今からでも身長を伸ばせるのか調査して欲しいです。  

その目的を達成するために、TBSテレビ ラヴィットの調査部から、

当院の「身長を伸ばす整体法」に白羽の矢が立てられました。

 

そして今日、生放送中に身長を伸ばす整体施術を行わさせていただきました。

さて、結果はどうだったのでしょうか。

 

詳細についてはあとで書きますね。

 

その他当院サイト、

勝田整体治療院(PCタブレット)

勝田身長整体(PCタブレット)

身長整体 (PCタブレット&スマホ)

勝田整体治療院(PCタブレット&スマホ)

帯整体®/身長整体

「背を高くする=骨を成長させる」食材 

「骨を成長させる=身長を伸ばす」のに、重要な栄養素を摂取するために、

まずは、カルシウムを多く含む食材を食べましょう。

カルシウムを多く含む食材である、

牛乳、ヨーグルトや他乳製品、納豆、豆腐や他大豆製品、骨まで食べられる小魚や、殻ごと食べる小エビ、うなぎや貝類などをしっかりと摂取しましょう。

しかし、カルシウムは、ビタミンD、ビタミンKなどの栄養素がないと上手く吸収されません。

ビタミンDを多く含む食材である、サケやサンマや貝柱等の魚介類、キクラゲやシイタケやなめこ等のキノコ類や、

ビタミンKを多く含む食材である、ほうれん草や小松菜、納豆や鶏もも肉等の食材も一緒に摂取してください。

ここで注意したいのは、カルシウムの吸収を阻害するリンを多く含むインスタント食品や加工食品等の摂取はできる限り抑えることでしょうか。

せっかく摂ったカルシウムが役に立たないなんてもったいないですもんね。

 

その他、詳細な指導を受けたい方は勝田整体治療院へ是非お越しください!!

 

勝田整体治療院(PCタブレット)

勝田身長整体(PCタブレット)

身長整体 (PCタブレット&スマホ)

勝田整体治療院(PCタブレット&スマホ)

帯整体®/身長整体

帯整体®のホームページを作成!

帯整体® サイトを新たに作成しました。

すべてのディバイスで有効で安全性の高いサイトです!!

帯整体®ホームページ

https://obiseitai.com/ 

 

 

その他サイト

 

勝田整体治療院(PCタブレット)

勝田身長整体(PCタブレット)

身長整体 (PCタブレット&スマホ)

勝田整体治療院(PCタブレット&スマホ)

帯整体®/身長整体

 

身長整体サイトをWordPressで新規作成

「身長整体のサイト」new!を、Wordpressで作成しました。

すべてのディバイスで有効で安全性の高いサイトです。

 

新たな身長整体サイト https://7seitai.com/

 

その他サイト

 

勝田整体治療院(PCタブレット)

勝田身長整体(PCタブレット)

身長整体 (PCタブレット&スマホ)

勝田整体治療院(PCタブレット&スマホ)

 

 

 

JAL客室乗務員(2023年度入社)日本航空/採用再開/身長アームリーチ姿勢

日本航空株式会社は、新型コロナウィルスの影響で取りやめていた新卒採用を、

2023年度入社から再開することになり、客室乗務員(CA)は2022年度卒業見込みの人だけでなく、

採用を中止していた2020年度と2021年度卒業の人も募集対象となり、

常務以外でも活躍できる人材育成を加速していきたいと発表しました。

 

CAを目指している人たちにとって朗報ですね。

155㎝ 158㎝ 160㎝ 「身長」や「姿勢」、「アームリーチ」等が気になる方は是非当院にお越しください。

 

身長整体 (PC&スマホ・タブレットサイト)

勝田整体治療院(PC&スマホ・タブレットサイト)

勝田整体治療院(PC身長整体)

勝田整体治療院(PC用サイト)

 

 

太陽の光を浴びる「日光浴」で健康に!

 

新型コロナウィルス感染症の影響で、私たちの生活様式は一変してしまいました。

 

それに加えて、最近では感染力が強いオミクロン株の流行や、寒くなってきたことで外出の機会が減っている方も多いのではないでしょうか。

従来の生活を送れないといったコロナ禍で、生活リズムが崩れ食べ過ぎて太ってしまったり、ストレスがたまりイライラしたり、

夜眠れないのでお酒や薬などに依存してしまう、などといった方も多いのではないでしょうか。

 

本日は、こんな生活で、身体に不具合が起きてしまった方の、身体の状態を少しでも改善するための簡単な方法を1つご紹介します。

さて、その簡単な方法とは、太陽の光を浴びる「日光浴」です。

コロナ禍の生活様式以外でも、近年、特に日本人は、シミやそばかすを予防して美肌になりたい等の美容的な理由で、

過度に紫外線を嫌い、太陽のもとで過ごす機会がかなり減っているといわれています。

しかし紫外線は、有害なものと思われていますが、実は人間の健康を維持するために必要不可欠なものです。

 

それでは、「日光浴」を勧める理由を話させていただきます。

 

□□ 日光浴の効果  □□

① セロトニンの分泌を促す

日光を浴びると、脳内で「安心ホルモン」と呼ばれる「セロトニン」という神経伝達物質が分泌されます。

セロトニンは、精神の安心や安定、頭の回転をよくして脳を活発に働かせたり、神経伝達物質が暴走するのを抑制し平常心を持たせたりする働きができます。

ちなみに、精神安定剤はセロトニンの分子構造を模しています。

② メラトニンの分泌を調節

日光を浴びると、眠くなるホルモン「メラトニン」の分泌が抑制し、代わりに脳を覚醒させるホルモン「セロトニン」が分泌されまが、

このことが引き金となり、脳内では、目覚めの日光を浴びてから12~14時間後にメラトニンを分泌をさせるスイッチがONになります。

そして、12~14時間後の眠る時間であるべき夜に、しっかりと眠気を誘発してくれます。

つまり、朝日を浴びることにより脳は、その日の夜に快眠できるようにお膳立てしてくれるわけです。

③ 免疫力をアップする

日光を浴びると、体内ではビタミンDの前駆物質から、「ビタミンD」が生成されます。

このビタミンDは体の免疫力をアップしてくれます。そして、免疫力がつくことでウィルスが侵入して悪さをすることを防ぐことができます。

このビタミンDは、鮭やサバやイワシなどの魚、ナッツ類、キノコ類、レバーなど、食べ物から摂取することもできますが、

食べ物から得られるよりも、日光を浴びて生成されるビタミン量の方が多いとされています。

④ 骨を健康にする

日光を浴びると、「ビタミンD」が生成され、カルシウムを効率的に吸収することができます。

さらに骨の新陳代謝も活発に行われるようになるため、歯や骨を健康な状態に保つことが出来ます。

歯や骨が健康なことは、身体の健康につながります。

⑤ 免疫力をアップする

日光を浴びると、「ビタミンD」が生成され免疫力がアップします。

そして、免疫力がつくことでウィルスが侵入して悪さをすることを防ぐことができます。

⑥ 筋肉を強くする

日光を浴びると、筋肉に「ビタミンD」が取り込まれ、たんぱく質が効率的に合成されると、筋肉を強くすることができます

筋肉がつけば体温を上げやすくなるので、免疫力も上がります。

⑦ 心臓疾患、高血圧のリスクを下げる

日光を浴びると、皮膚細胞から「一酸化窒素」が出て、この一酸化窒素によって血管が拡張され血圧を下げます。

高血圧予防は、脳卒中や心臓病の予防につながります。

また、糖尿病の予防にも効果があると言われています。

⑧ 認知症の予防

日光を浴びると、認知症の予防効果があると言われています。

65歳以上で発症する認知症は「ビタミンD」が少なくなり、脳の認知機能に異常が起こることで発症することがわかっています。

⑨ その他の効果

日光を浴びると、うつ病の予防、ダイエット効果、がんの予防などがあると言われます。

 

□□ 日光浴のポイント □□

日光を浴びる時間帯は午前中がおすすめです。

頻度は、週3回~4回、1日15~20分程度を目安に行いましょう。

この時に肌の3~4割を露出して、日焼け止めを付けずに太陽光を浴びます。

午前中に行うとセロトニンを増やしやすいほか、体内時計も整います。

また、「手のひら」や「足の裏」に、日光に当てるだけでも効果があります。

「手のひら」や「足の裏」は体の他の部位と比べるとメラニン色素が少なく、日焼けのリスクが低いので、日焼けが気になる方にも最適です。

夏場なら15分、冬場は30分程度、日の光を当てるのがよいでしょう。

もちろん、日光浴は朝がおすすめですが、

その他の時間しか日の光を浴びられない方は、ウォーキングやガーデニング時など体を動かしながらでも日光浴をしてみてください。

ただし、地域や季節によって紫外線の量が変わるので、夏場など日差しが強いときは、熱中症にならないよう気を付けながら日陰や木漏れ日で日の光を浴びるのがよいでしょう。

体の負担になりすぎないよう注意して行ってください。

また、起きる時間を毎日一定にする、夜は強い光(スマホの光も含む)をできるだけ浴びない、毎晩同じ時間に布団に入るなど、

自ら規則正しい生活リズムに整えることも大切です。

 

では、是非、皆さんも太陽の光を浴びる「日光浴」で、心身を健康にしてください!

 

もちろん、身体が歪んでいれば「日光浴」の効果も半減なんてことにもなりかねません。

そうならないためにも、「勝田整体治療院」で、しっかりと身体を整えましょう!!

 

勝田整体治療院(身長整体)

勝田整体治療院(PC用サイト)

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト)

 

 

 

 

 

免疫力を上げる呼吸法2つ

新型コロナウイルス対策を厚生労働省に助言する専門家組織の1月13日の会合で、

厚労省は、新型コロナに感染した人のうち、変異ウイルス「オミクロン株」の疑い例が全国で8割を占めたことを明らかにしました。

感染症自体がこの世界からなくなるわけではないので、

私たちはたとえ感染症に感染しても症状を悪化させないために、個々が日々免疫力を上げておくことが必要でしょう。

免疫力を上げるためには、腸内環境を整えるバランスのとれた栄養摂取を心がけたり、質の高い睡眠をとったり、

適度な運動をしたり、ストレスを抱え込まない生活スタイルにしたりと以前からお話してきましたが、

本日は私たちの免疫力を高めることを可能にする「自律神経のバランスを整える目的での呼吸法」を紹介します。

ところで、皆さんは呼吸を意識していますか?

普段はほとんど意識せず、何気なく息を吸って吐いているだけと思いますが、呼吸は私たちの心身の状態と深い関係があります。

私たちの生活の中で、意識しないで勝手に調整されている働きはたくさんあるわけですが、呼吸もそのひとつです。

体温、免疫、食べ物の消化や心臓の動きなどは、自律神経が自動的にバランスを保ってくれているのです。

そして、自律神経が調節している働きの中で、自分の意志でコントロールができるのは呼吸だけです。

ですから、「自律神経のバランスを整える呼吸」をあえて意識して自律神経に働きかけることにより体調をよくして同時に免疫力を上げることも可能なわけです。

 

それでは、是非チャレンジしてみてください。

 

【リラックスしながら自律神経を整える呼吸】

① 背筋を伸ばして胸を軽く開き、鼻からゆっくりと息を吐いていきます。お腹の中の空気をすべて出すイメージで、おへそが一番へこむところまで息を吐き切ります。

② へこませたお腹を緩め、鼻から息を吸っていきます。少しずつお腹に空気を送り込むように、3~8 数えてゆっくり吸います。お腹がだんだんとふくらんでいくことを確認しましょう。

③ 6~16 数えながらゆっくりと口から息を吐いていきます。お腹の中の空気をすべて出し切るメージでおこないましょう。

ここでゆっくりととは、吸った数の2倍から3倍の時間をかけてという感じです。

 

①~③までを、数回繰り返します。

 

【リラックスしながら交感神経(頭は冴えさせたい)のレベルも上げたい時の呼吸】

 

スマホを見て猫背で悪い姿勢をしているとき無意識にしている呼吸はほぼ口先だけで行うようなとても浅い呼吸なのですが、

こんな方々にも是非1日1回でもいいもで、姿勢を正して試してほしい呼吸法です。

① 息を完全に吐き切る。

② 鼻から息を吸いながら3~8つ数える。

③ 息を止めて2~7(吸った数マイナス1を目安に)数える。

④ 6~16(吸った数の2倍を目安に)数えながら息をゆっくり吐き出す。

 

 ★ ちなみに、当院で施術を受けたあとは自然に腹式呼吸ができていることに気づかれることでしょう。

悪い姿勢でゆがんだ身体では良い呼吸はできません!

良い呼吸法が無理なく自然にできる身体になりたい方はぜひ、勝田整体治療院にお越し下さい!!

 

勝田整体治療院(身長整体)

勝田整体治療院(PC用サイト)

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト)

謹賀新年 令和四年元旦

謹賀新年

昨年中は格別のご愛顧を賜り、ありがとうございました。

本年も皆様のご期待に添うべく、一層の技術向上を目指しますので、

どうぞよろしくお願いいたします。

皆様にとって本年が輝かしい年となることを心からお折り致します。

令和四年元旦

 

勝田整体治療院(身長整体)

勝田整体治療院(PC用サイト)

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト)

ストレスと病気と深呼吸

今、ご自身の身体に起きている不具合の原因はストレスが原因かも……。

ストレスは、自律神経のバランスを崩しさまざまな不調を引き起こす要因となります。

そこで今日は自律神経の調整に最も簡単で効果がある方法をご紹介いたします。

それが、腹式呼吸。

深い呼吸ができる腹式呼吸は、自律神経を整えるストレスによって引き起こされた身体と心の緊張を鎮めてくれます。

なぜ、呼吸を深くすると心が落ち着くのでしょうか。

それは深い呼吸が、自律神経のバランスを整えてくれるからなのです。

自律神経は私達の意志とは関わりなく、身体機能を健全に保つために働いています。胃や腸、あるいは心臓が休みなく動いているのも自律神経が機能しているためです。

自律神経は交感神経と副交感神経という相反する働きの二つの神経から成り立っています。

交感神経は活動・緊張・ストレスといった状態にある時、とくに昼間に優位になります。

一方、副交感神経は休息やリラックス状態にある時、とくに夜間や睡眠中に優位になります。

自律神経のコントロールは無意識のうちに行われていますが、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、どちらか一方だけが優位な状態が長く続くと、さまざまな不調が生じてしまいます。

この自律神経の交感神経と副交感神経をバランスをとることが健康の秘訣といえますが、そのためには、日頃からストレスや疲労を溜めない、昼夜逆転の生活をしないことを心がけることが大切です。

現代社会では、どうしても交感神経一方向でレベルが上がりやすくなるので、副交感神経の活動レベルを高めてあげたいわけですが、

それを可能にするのが呼吸法なのです。

私たちはふだん無意識に呼吸をしています。しかし、その速さや回数を意識的にコントロールすることはできます。

この無意識に行っている呼吸を、意識的なコントロール下に置くことで、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスをとることが可能となります。

実際に、息を吐く際には、副交感神経が強く働きます。つまり、吐く息に意識を置いた呼吸法を行うと、副交感神経の働きを高めることができ、交感神経とのバランスがとれるというわけです。

ここでやってはいけないのが胸式呼吸で、胸式呼吸は交感神経を活発にしてしまいます。

呼吸法は、大別すると胸式と腹式になります。

私たちはふだん意識せずに胸式呼吸をしていますが、とかく呼吸が浅く、短いものになりがちです。

しかし、この短い胸式呼吸は交感神経を刺激し、これに疲労や心の動揺、怒りなどが加わると呼吸はさらに浅く激しくなって、より交感神経が働くようになります。

短い胸式呼吸では吸い込んだ空気は肺の中にまで到達せず吐き出されるため、肺には炭酸ガスなど不要なものが溜まります。この状態が長く続くと、血液循環が低下したり、自律神経失調症を招くことになります。

一方、腹式呼吸は鼻で息を吸いながらお腹をふくらませ、吐く息でお腹をへこませます。腹圧をかけるため、胸式より呼吸のリズムが自然とゆっくりとなります。

腹式呼吸をすると、肺の下にある横隔膜が上下運動します。この横隔膜に自律神経が密集しているため、吐く息を意識的にゆっくりとすればするほど、自律神経を刺激し、副交感神経が優位になり、リラックしていきます。

例えば、睡眠中は意識しませんが、お腹を自然に上下させるような腹式呼吸のため、ゆったりとしたリズムの呼吸になっています。

腹式呼吸は誰でも手軽にできる健康法です。

ふだんから意識的に腹式呼吸を行い体調不良を起こさないように心身のリフレッシュをしていただければと思います。

 

只しかし、筋肉の過度の緊張により深い呼吸がしにくい方は是非、勝田整体治療院へご来院ください。

良質な腹式呼吸ができる身体にさせていただきます!!

勝田整体治療院(身長整体)

勝田整体治療院(PC用サイト)

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト)

 

コロナ感染から身を守るのは最終的には自分

 

現在、新型コロナワクチン接種も進んでいますが、2回接種を終えても感染するブレークスルー感染の症例も増えてきています。

ワクチンの効果は100%ではないので、引き続き感染防止対策を徹底して、感染リスクをできる限り少なくしていく必要があります。

したがって、最終的には自分の身体は自分で守らなければならないということになります。

そのためには、自分の免疫力を上げることが必要となります。

では、免疫能力を上げるために必要なことといえば、

①栄養

免疫力を上げるには、栄養に気を配って腸内環境を整える食事を摂取することも非常に重要です。腸内には全体の約6~7割の免疫細胞が存在するほか、多数の善玉菌、悪玉菌、日和見菌も存在しています。

腸内の免疫細胞や善玉菌を活発化させ、免疫力を上げる栄養素は、ビタミン(B、C、A、E)、ミネラル、タンパク質、食物繊維などです。これらの栄養素が豊富な食材には、以下のようなものがあります。

 

  • ビタミンB:卵、納豆、乳製品、レバーなど
  • ビタミンC:柑橘類、野菜など
  • ビタミンA:卵、チーズ、緑黄色野菜など
  • ビタミンE:ナッツ類、かぼちゃ、アボカドなど
  • ミネラル:するめ、鰹節、牡蠣、ココアなど
  • タンパク質:卵、乳製品、肉類、魚介類、大豆など
  • 食物繊維:玄米、野菜類、海藻類、果物、キノコなど

 

②睡眠

質の良い睡眠を心がけることも必要です。

  • 毎日同じ時間に目覚め、同じ時間に寝る
  • 朝日を浴びる
  • 寝る2~3時間前に入浴を済ませる
  • 寝る前にTVやスマートフォンを見るのをやめる
  • 睡眠時は室内の温度や湿度を快適に保つ

 

③適度な運動

運動により体温が上がると副交感神経という、心拍数や血圧を下げる働きがある神経が優位になって体がリラックスするため、ストレスの軽減にもつながります。

代謝や体温を上げることは、免疫力を上げることにつながります。

免疫細胞のなかには、異物が入り込んだときに抗体を作るよう指令を出すT細胞と、T細胞の指令を受けて抗体を作り出すB細胞というリンパ球が存在するのですが、リンパ球は体温が上がると増えて活発化する性質があるためです。

 

④姿勢

姿勢がよくなると、横隔膜が動きやすくなり、呼吸がしやすくなります。

横隔膜が動くようになると、より酸素を取り入れやすくなります。すると呼吸機能、循環機能がより向上するというプラスの流れを作ります。

横隔膜が動き広がることは、内臓にもよい影響を与えます。

内臓の位置が正常な位置に戻り、本来の正しい働きをしてくれるようになります。それにより消化吸収の作用がしっかりと行われるようになるのです。

また、筋肉や関節にかかる負荷が少なくなることで全身がゆるみ、身体がリラックスします。 それにより、疲労が軽減されます。さらに無駄な緊張がなくなることは、内臓・血流・神経にもいい影響を与えます。

⑤精神

自分の気持ちを心地よくしたり、良い方向に考えを巡らせる。

例えば、よく笑うことです。

笑うと副交感神経が優位になって体がリラックスしますし、ストレス解消にも役立ちます。

また、IgA抗体という体内に侵入してきた異物にくっついて無力化する免疫物質があるのですが、笑うと体内のIgA濃度が上昇し、免疫を高めるという研究結果もあります。

 

上記五つのことを意識して皆さんも、最後の砦であるご自身の免疫能力を高めてください。

 

当院の身長整体でも、まさにこの①姿勢、②栄養、③睡眠、④運動、⑤精神、これらを五つの柱とした施術を行っております。

 

勝田整体治療院(身長整体)

勝田整体治療院(PC用サイト)

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト)