勝田整体治療院

有名な整体(整体院)横浜市神奈川区東白楽駅/身長を伸ばす整体でも有名な横浜の整体院。

TEL.045-717-7277

〒221-0065 横浜市神奈川区白楽4-13 マツヤ第5ビル3F
(東横線/東白楽駅 徒歩1分以内・京浜東北線/東神奈川駅 徒歩約7分)

勝田整体治療院(東京/横浜)

コロナ感染から身を守るのは最終的には自分

 

現在、新型コロナワクチン接種も進んでいますが、2回接種を終えても感染するブレークスルー感染の症例も増えてきています。

ワクチンの効果は100%ではないので、引き続き感染防止対策を徹底して、感染リスクをできる限り少なくしていく必要があります。

したがって、最終的には自分の身体は自分で守らなければならないということになります。

そのためには、自分の免疫力を上げることが必要となります。

では、免疫能力を上げるために必要なことといえば、

①栄養

免疫力を上げるには、栄養に気を配って腸内環境を整える食事を摂取することも非常に重要です。腸内には全体の約6~7割の免疫細胞が存在するほか、多数の善玉菌、悪玉菌、日和見菌も存在しています。

腸内の免疫細胞や善玉菌を活発化させ、免疫力を上げる栄養素は、ビタミン(B、C、A、E)、ミネラル、タンパク質、食物繊維などです。これらの栄養素が豊富な食材には、以下のようなものがあります。

 

  • ビタミンB:卵、納豆、乳製品、レバーなど
  • ビタミンC:柑橘類、野菜など
  • ビタミンA:卵、チーズ、緑黄色野菜など
  • ビタミンE:ナッツ類、かぼちゃ、アボカドなど
  • ミネラル:するめ、鰹節、牡蠣、ココアなど
  • タンパク質:卵、乳製品、肉類、魚介類、大豆など
  • 食物繊維:玄米、野菜類、海藻類、果物、キノコなど

 

②睡眠

質の良い睡眠を心がけることも必要です。

  • 毎日同じ時間に目覚め、同じ時間に寝る
  • 朝日を浴びる
  • 寝る2~3時間前に入浴を済ませる
  • 寝る前にTVやスマートフォンを見るのをやめる
  • 睡眠時は室内の温度や湿度を快適に保つ

 

③適度な運動

運動により体温が上がると副交感神経という、心拍数や血圧を下げる働きがある神経が優位になって体がリラックスするため、ストレスの軽減にもつながります。

代謝や体温を上げることは、免疫力を上げることにつながります。

免疫細胞のなかには、異物が入り込んだときに抗体を作るよう指令を出すT細胞と、T細胞の指令を受けて抗体を作り出すB細胞というリンパ球が存在するのですが、リンパ球は体温が上がると増えて活発化する性質があるためです。

 

④姿勢

姿勢がよくなると、横隔膜が動きやすくなり、呼吸がしやすくなります。

横隔膜が動くようになると、より酸素を取り入れやすくなります。すると呼吸機能、循環機能がより向上するというプラスの流れを作ります。

横隔膜が動き広がることは、内臓にもよい影響を与えます。

内臓の位置が正常な位置に戻り、本来の正しい働きをしてくれるようになります。それにより消化吸収の作用がしっかりと行われるようになるのです。

また、筋肉や関節にかかる負荷が少なくなることで全身がゆるみ、身体がリラックスします。 それにより、疲労が軽減されます。さらに無駄な緊張がなくなることは、内臓・血流・神経にもいい影響を与えます。

⑤精神

自分の気持ちを心地よくしたり、良い方向に考えを巡らせる。

例えば、よく笑うことです。

笑うと副交感神経が優位になって体がリラックスしますし、ストレス解消にも役立ちます。

また、IgA抗体という体内に侵入してきた異物にくっついて無力化する免疫物質があるのですが、笑うと体内のIgA濃度が上昇し、免疫を高めるという研究結果もあります。

 

上記五つのことを意識して皆さんも、最後の砦であるご自身の免疫能力を高めてください。

 

当院の身長整体でも、まさにこの①姿勢、②栄養、③睡眠、④運動、⑤精神、これらを五つの柱とした施術を行っております。

 

勝田整体治療院(身長整体)

勝田整体治療院(PC用サイト)

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト)

姿勢を矯正して身長を高くして、肩こり首コリも解消

 

傾いている建造物として有名な、ピサの斜塔とキャピタルゲートビル。

美しいけど建っているのが大変そうに見える建造物ですね。

 

ピサの斜塔は南北での地盤の硬度が違うがゆえに傾いていき、

補修工事も無事に終え現在は約4度ほどの傾斜でとどまっているようです。

キャピタルゲートビルは西に18度、意図的に傾けて構造設計されているそうです。

共に倒れないように必要な部分にかなりの補強をしています。

 

躯体には通常の建造物よりもかなり大きな負担がかかっているわけです。

 

 

さてここで見方を変えて、この建造物の地上より上の部分を人間の頸部と思ってください。

デスクワークや学習時また電車でスマホを見ている時に皆さんの頸部はこのような状態になっていないでしょうか。

更に人間の場合はこの頸部の上に、体重の1/10ほどの重さの頭部が乗っているわけです。

 

キツイですよね。

是非皆さんも自分の身体のためにも、頭部の位置や頸部の傾きも意識してみましょう。

勝田整体治療院では姿勢改善し身長を高くする(建造物で言えば地上高を高くする)ことも可能です。

どうぞご来院ください。

 

勝田整体治療院(身長整体)

勝田整体治療院(PC用サイト)

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト)

 

背を伸ばすために必要な「睡眠」と「成長ホルモン」

 

昔から「寝る子は育つ」と言われてきました。

このことわざも、成長ホルモンの分という視点から見て、科学的にも間違いでないことが分かります。

 

成長ホルモンは、睡眠時に多く下垂体前葉より分泌されるホルモンで、

生理作用として、成長期に骨端の軟骨細胞の分裂・増殖を促し、骨を伸張させたり、

特定のアミノ酸の取り込みを促し、タンパク質合成を促進して筋肉の成長させる作用があります。

 

さて睡眠ですが、睡眠は質の異なる2つの相から成り立っています。

1つは、睡眠中に眼球がすばやく動くことから名付けられたレム睡眠、

もう1つは、眼球運動をともなわないノンレム睡眠と呼ばれるものです。

 

そして、成長ホルモンはノンレム睡眠時に多く分泌されるわけですが、

その中でも、眠り始めから3時間ぐらいの間に訪れる最も深い眠り(ノンレム睡眠の第4段階)

の時に最も多く成長ホルモンが分泌されます。

 

この大切な時間帯に、睡眠の質が悪く眠りが浅かったりすれば、成長ホルモンが十分に分泌されなくなり、

身長が伸びなくなったり、身体のリカバリーがしっかりとできなくなってしまう訳です。

 

したがって適切な睡眠周期が得られるように、睡眠の質を高めることは本来、

個々が持っている身体のポテンシャルを最大限に発揮させることに大いに貢献することになります。

 

さて、皆さんは質の良い睡眠が得られるように工夫されていますでしょうか!?

良質な睡眠をとるためには、必要なことがたくさんあります。

 

良質な睡眠状態で、個々が出来うる最大限に身長を高くしたり、

寝ている間、最良な状況に身体をリカバリーしたいと思われている方、、、

 

このようなことに興味を持たれた方は、是非、勝田整体治療院へご来院ください。

ご自身のポテンシャルを最大限に引き出せる身体の状態にするお手伝いをいたします!!

 

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト) 

勝田整体治療院(身長整体) 

勝田整体治療院(PC用サイト) 

2021年丑年 新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

 

昨年は新型コロナウィルス感染が発端で、これまで経験したことのない経験をされた方も多かったことと思います。

それによって自身の健康やライフスタイルを見つめなおされた方も多かったのではないでしょうか。

まだ完全な終息は見えませんが、ワクチンの開発などわずかながら明るい兆しも見えつつあります。

 

丑年の2021年勝田整体治療院では、

皆さんが地に足をつけて、一歩一歩着実にご自身の健康を極められることを応援できればと思っております。

 

それでは、新しい年が良い年になりますよう心からお祈り申し上げます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

なお、新年は1月7日(木)より平常通り診療いたします。

 

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト) 

勝田整体治療院(身長整体) 

勝田整体治療院(PC用サイト) 

 

 

呼吸を意識してみましょう(自律神経にアプローチする腹式呼吸)

私たちは常に呼吸をして生きています。

普段はほとんど意識せず、何気なく息を吸って吐いているだけと思いますが、実は呼吸は、私たちの心身の状態と深い関係があります。

私たちの生活の中で、意識しないで勝手に調整されている働きはたくさんあるわけですが、呼吸もそのひとつです。

体温、免疫、食べ物の消化や心臓の動きなどは、自律神経が自動的にバランスを保ってくれているのです。

そして、自律神経が調節している働きの中で、自分の意志でコントロールができるのは呼吸だけです。

ですから、呼吸を意識して自律神経に働きかけ、体調をよくすることが可能なわけです。

【腹式呼吸のやり方】

背筋を伸ばして胸を軽く開き、鼻からゆっくりと息を吐いていきます。お腹の中の空気をすべて出すイメージで、おへそが一番へこむところまで息を吐き切ります。

へこませたお腹を緩め、鼻から息を吸っていきます。少しずつお腹に空気を送り込むように、3~5秒かけてゆっくり吸います。お腹がだんだんとふくらんでいくことを確認しましょう。

ゆっくりと口から息を吐いていきます。お腹の中の空気をすべて出し切るメージでおこないましょう。

この 1 ~ 3 までを10回ほど繰り返します。

さてここで、試して欲しい呼吸法は、「4-7-8呼吸法」。

簡単そうに思える腹式呼吸ですが、普段肺呼吸をしていたり、浅い呼吸をしていたりすると、正しく腹式呼吸をすることは難しいと感じるのではないでしょうか。

腹式呼吸の1つである「4-7-8呼吸法」という呼吸法は、世界的に有名な健康医学研究者のアンドルー・ワイル氏が発案したもので、簡単に誰でもおこなえる呼吸法として多くの人に取り入れられています。

「4-7-8呼吸法」の特徴は、息を完全に吐き切って、さらに鼻からゆっくり息を吸うことから正しい「腹式呼吸」ができる点です。

脳波がα波に変化するため、すっきりと頭が冴えたり、眠りに入りやすい状態になったりするといった効果が期待されています。

【4-7-8呼吸法のやり方】

① 息を完全に吐き切る。

② 鼻から息を吸いながら4つ数える。

③ 息を止めて7つ数える。

④ 8つ数えながら息をゆっくり吐き出す。

 

ちなみに、当院で施術を受けたあとは自然に腹式呼吸ができることに気づかれることでしょう。

良い呼吸法が無理なく自然にできる身体になりたい方はぜひ、勝田整体治療院にお越し下さい!!

 

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト) 

勝田整体治療院(身長整体) 

勝田整体治療院(PC用サイト) 

 

「コロナ禍」ストレスからくる体調不良を解消する手軽な方法

コロナ禍、ストレスを多く感じている方も多いとおもいます。

このストレスの影響で、自律神経のバランスを崩すとさまざまな不調を引き起こす要因となります。

今日は自律神経の調整に最も簡単で効果がある方法をご紹介いたします。

それが、腹式呼吸。

深い呼吸ができる腹式呼吸は、自律神経を整えるストレスによって引き起こされた身体と心の緊張を鎮めてくれます。

なぜ、呼吸を深くすると心が落ち着くのでしょうか。

それは深い呼吸が、自律神経のバランスを整えてくれるからなのです。

自律神経は私達の意志とは関わりなく、身体機能を健全に保つために働いています。胃や腸、あるいは心臓が休みなく動いているのも自律神経が機能しているためです。

自律神経は交感神経と副交感神経という相反する働きの二つの神経から成り立っています。

交感神経は活動・緊張・ストレスといった状態にある時、とくに昼間に優位になります。

一方、副交感神経は休息やリラックス状態にある時、とくに夜間や睡眠中に優位になります。

自律神経のコントロールは無意識のうちに行われていますが、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、どちらか一方だけが優位な状態が長く続くと、さまざまな不調が生じてしまいます。

この自律神経の交感神経と副交感神経をバランスをとることが健康の秘訣といえますが、そのためには、日頃からストレスや疲労を溜めない、昼夜逆転の生活をしないことを心がけることが大切です。

現代社会では、どうしても交感神経一方向でレベルが上がりやすくなるので、副交感神経の活動レベルを高めてあげたいわけですが、

それを可能にするのが呼吸法なのです。

私たちはふだん無意識に呼吸をしています。しかし、その速さや回数を意識的にコントロールすることはできます。

この無意識に行っている呼吸を、意識的なコントロール下に置くことで、自律神経の交感神経と副交感神経のバランスをとることが可能となります。

実際に、息を吐く際には、副交感神経が強く働きます。つまり、吐く息に意識を置いた呼吸法を行うと、副交感神経の働きを高めることができ、交感神経とのバランスがとれるというわけです。

ここでやってはいけないのが胸式呼吸で、胸式呼吸は交感神経を活発にしてしまいます。

呼吸法は、大別すると胸式と腹式になります。

私たちはふだん意識せずに胸式呼吸をしていますが、とかく呼吸が浅く、短いものになりがちです。

しかし、この短い胸式呼吸は交感神経を刺激し、これに疲労や心の動揺、怒りなどが加わると呼吸はさらに浅く激しくなって、より交感神経が働くようになります。

短い胸式呼吸では吸い込んだ空気は肺の中にまで到達せず吐き出されるため、肺には炭酸ガスなど不要なものが溜まります。この状態が長く続くと、血液循環が低下したり、自律神経失調症を招くことになります。

一方、腹式呼吸は鼻で息を吸いながらお腹をふくらませ、吐く息でお腹をへこませます。腹圧をかけるため、胸式より呼吸のリズムが自然とゆっくりとなります。

腹式呼吸をすると、肺の下にある横隔膜が上下運動します。この横隔膜に自律神経が密集しているため、吐く息を意識的にゆっくりとすればするほど、自律神経を刺激し、副交感神経が優位になり、リラックしていきます。

例えば、睡眠中は意識しませんが、お腹を自然に上下させるような腹式呼吸のため、ゆったりとしたリズムの呼吸になっています。

腹式呼吸は誰でも手軽にできる健康法です。

ふだんから意識的に腹式呼吸を行い体調不良を起こさないように心身のリフレッシュをしていただければと思います。

 

只しかし、筋肉の過度の緊張により深い呼吸がしにくい方は是非、勝田整体治療院へご来院ください。

良質な腹式呼吸ができる身体にさせていただきます!!

 

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト) 

勝田整体治療院(身長整体) 

勝田整体治療院(PC用サイト) 

 

「病は気から」だけではダメ!!

昔から、「病は気から」という言葉が日常のなかでも使われます。

病気は気の持ちようによって発症し良くも悪くもなるという意味のことわざです。

ここで用いられている「気」とは、東洋医学的考え方から引用されたもので、

「気」は、目には見えない身体を巡るエネルギーのことで漠然とおおくの意味合いを持ちます。

このことわざの中での「気」は、気持ち・やる気などという意味合いでしょうか。

「気持ちを良い方に向ければ病気も発症しないよ」ということすね。

皆さんも、直感や経験から、精神的ストレスが身体的な病気を引き起こしたり

その経過を左右したりすることがある、と理解されていることと思います。

 

しかし、気を正常にすれば全ての人が健康になれるかというとそうでも限らないのです。

例えば、正しい姿勢が理解できずに、すごい猫背(改善できる猫背)で首や肩や背中の筋肉をガチガチにした状態で、

ストレスを溜めないようにプラス思考にして気持ちは良くしても、流石に健康にはなりきれないでしょう。

心と体の相互作用は強力で、一方通行でもなくその人の健康に影響を与えます。

心「気」と身体(個々が現在持ち合わせている身体)の両方を良くすることで、

人は健康になれるのです。

 

心や体は自分以外の人に客観的に診てもらうということも必要でしょう。

そんなときは是非、勝田整体治療院にいらしてください。

喜んで、健康へのお手伝いをさせていただきます!!

 

勝田整体治療院PC&スマホ用サイト) 

勝田整体治療院(身長整体) 

勝田整体治療院(PC用サイト) 

 

 

 

宝塚音楽学校合格者Aさんの当院での身長整体経過

いよいよ、2021年度の宝塚音楽学校生徒募集が始まり、

受験をされる皆様は身の引き締まる思いをされていることと思います。

 

面接では容姿、口跡、動作、態度、華やかさ等、宝塚歌劇の舞台への適性を審査。

歌唱試験では課題曲の歌唱により、声量、声質、音程等を審査。

加えて新曲視唱により基礎的な読譜力を審査。

舞踊試験ではリズム感など基本的な運動能力や柔軟性、ならびに洋舞の適性等を審査するそうですね。

 

もちろん試験の中で身長測定もあるわけですが、

本日は当院に来院されていて、宝塚音楽学校へ合格された方(以降Aさん)の施経過をご紹介させて頂きたいと思います。

Aさんは、最後の受験資格が得れれる高校3年の10月に来院。

娘役希望で受験するということでしたが、

初回来院時身長は、158.1㎝(本人申告158.0㎝)なので、

もう少し身長が欲しく160㎝以上にないりたいと来院されました。

 

Aさんの当院での身長整体の施術経過は、

(10/30) 158.1㎝

(11/12) 159.1㎝ (11/26) 159.4㎝

(12/03) 159.6㎝ (12/17) 159.7㎝

(01/14) 159.9㎝ (01/20) 159.4㎝

(02/19)  159.4㎝ (02/26) 159.5㎝

(03/18) 159.9㎝ (03/25) 160.0㎝

※ (計測時間はすべて10:00~11:30 時ぐらい)

 

1次試験直前の最終来院日で、160.0㎝を達成。

来院されるたびに、宝塚音楽学校受験に合格されたAさんの合格への強い思いがひしひしと伝わってきました。

 

 

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト) 

勝田整体治療院(身長整体) 

勝田整体治療院(PC用サイト) 

 

 

 

 

 

 

 

 

身長にも影響するスマホ首/スマホ肩

【動画】身長にも影響するスマホ首/スマホ肩にならないように!

身長をも低くしてしまう、スマホ肩/スマホ首(スマホネック)にならないように、

肩の筋肉や首の筋肉に負担がかかりにくく、肩コリや首コリを起こしにくい正しい姿勢を意識していきましょう。

勝田整体治療院で院長の勝田研司による解説

 

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト) 

勝田整体治療院(身長整体) 

勝田整体治療院(PC用サイト) 

首こり/肩こりを力学的視点から解説

首コリや肩こりを起こしにくい姿勢とは?!

肩こり/首のこりを力学的視点から考察。

肩の筋肉や首の筋肉に負担がかかりにくく、肩コリや首コリを起こしにくい姿勢を意識ししていきましょう。

勝田整体治療院で院長の勝田研司による解説。

 

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト) 

勝田整体治療院(身長整体) 

勝田整体治療院(PC用サイト)