勝田整体治療院

有名な整体(整体院)横浜市神奈川区東白楽駅/身長を伸ばす整体でも有名な横浜の整体院。

TEL.045-717-7277

〒221-0065 横浜市神奈川区白楽4-13 マツヤ第5ビル3F
(東横線/東白楽駅 徒歩1分以内・京浜東北線/東神奈川駅 徒歩約7分)

03月

 

桜咲く好季節。

外気も心地よくなり、皆さんの気持ちも華やいできていることでしょう。

ところで、桜は観賞用だけではなく、花は桜湯や桜漬にして、葉は桜餅として、実桜の果実はサクランボとして食することが出来ます。

桜の花には、肌のシワやたるみの原因となるコラーゲンの糖化を抑制する抗糖化作用や、

繊維芽細胞のコラーゲン格子形成増加作用が備わっていているそうです。

また樹皮は「桜皮(オウヒ)」という生薬で、鎮咳、去痰作用のある漢方薬として知られています。

日本の国花でもあり、日本人が大切にする桜、

毎年、桜の咲く前から、今や今かと心待ちにし、桜の枝を毎日気にかけ、咲いては喜び、散っては惜しむ。

日本人は昔から桜をこよなく愛して生きてきて、

これからも、この一年の始まりである春には、桜を囲んで生きていくのでしょうね。

 

【勝田整体治療院PCサイト】

【勝田式身長整体サイト】

【勝田整体治療院PC&スマホサイト】

 

 

 

素問:四気調神大論 【春】

 

【素問 四気調神大論】

春三月、比謂発陳。天地倶生、万物以栄。

夜臥早起、廣歩於庭。被髪緩形、以使志生。

生而勿殺、予而勿奪、賞而勿罰。比春気之応、養生之道也。

逆之則傷肝、夏為寒変、奉長者少。

 

春を「発陳(発生、発育がつらなりならぶ)」と称し、気温の上昇とともに潜気発散し、天地の間に万物みな発生する。

朝は早めに起き、ゆっくり散歩するのが良い。髪は解きほぐし締め付けずゆるめ、全身をゆったりと自由にする。

志を立て意欲を起こし、育てる。そして起こった意欲は押さえつけず、のびのびと成長させる。

成長に役立つものはすべて取り入れ生かしていくべきで、奪ってはいけない。

春は新しいものを発生させ、万物が生き生きとして生気にあふれ動き始める時なので、人間の心体も新生の機に適応させて、のびやかで自然にその変化を受け入れていきましょう。

 

【勝田整体治療院PCサイト】

【勝田式身長整体サイト】

【勝田整体治療院PC&スマホサイト】

 

五行説(ゴギョウセツ)

 

五行説とは、古代中国における物質の根源にかかわる思想です。

当時、物質の根源要素としての「木」「火」「土」「金」「水」を5つの基本物質として選びました。

5種類の要素は「互いに影響を与え合い、それらの生滅盛衰によって森羅万象に変化を与え、循環していく」という考え方がこの思想の根底に存在します。

この5つの物質が影響を与える作用を5行いい、それらが互いに影響し合い、「相生」と「相克」という関係が生じることを導き出しました。

まず「相生」とは、5行の一つが順送りに相手を生み出し促進ていくことであり、

「木は燃えて火を生じ、火は灰となり土を生じ、土は金属を生じ、金属の表面には凝結により水を生じ、水は木を成長させる。」

と説いています。

そして「相克」とは5行の一つが相手を抑制し制約する作用のことであり、

「木は土に根をはり養分を吸い取り、土は水を吸収しせき止め濁す、水は火を消し、火は金属を溶かす、金属は木を切り倒す。」

と説明しています。

この五行説に基づき、

【 五臓 】 肝(木)・心(火)・脾(土)・肺(金)・腎(水)

【 五腑 】 胆(木)・小腸(火)・胃(土)・大腸(金)・膀胱(水)

【 五官 】 目(木)・舌(火)・口(土)・鼻(金)・耳(水)

【 五主 】 筋(木)・血脈(火)・肌肉(土)・皮(金)・骨(水)

【 五季 】 春(木)・夏(火)・土曜(土)・秋(金)・冬(水)

【 五悪 】 風(木)・熱(火)・湿(土)・燥(金)・寒(水)

【 五方 】 東(木)・南(火)・中央(土)・西(金)・北(水)

【 五色 】 青(木)・赤(火)・黄(土)・白(金)・黒(水)

【 五志 】 怒(木)・喜(火)・思(土)・憂(金)・恐(水)

【 五味 】 酸(木)・苦(火)・甘(土)・辛(金)・鹹(塩)(水)

【 五果 】 李(木)・杏(火)・棗(土)・桃(金)・栗(水)

【 五味 】 酸(木)・苦(火)・甘(土)・辛(金)・鹹(塩)(水)

【 五臭 】 臊(木)・焦(火)・香(土)・腥(金)・腐(水)

【 五液 】 涙(木)・汗(火)・涎(土)・涕(金)・唾(水)

【 五穀 】 麦(木)・黍(火)・栗(土)・稲(金)・豆(水)

【 五畜 】 鶏(木)・羊(火)・牛(土)・馬(金)・豚(水)

【 五声 】 呼(木)・笑(火)・歌(土)・哭(金)・呻(水)

 

・・・など、

人体や自然界に存在するものを五行に分類したものを「五行色体表」として表し

それぞれの関係性を考察しました。

 

そして、この「五行説」と前回お話した「陰陽論」を合わせて推究した

「陰陽五行説」を思想の大根幹として鍼灸治療や漢方治療に応用しているのです。

 

【勝田整体治療院PCサイト】

【勝田式身長整体サイト】

【勝田整体治療院PC&スマホサイト】

 

 

陰陽論(インヨウロン)

陰陽論とは東洋医学の根幹をなす理論であり、森羅万象ありとあらゆる事象を、その時処位に応じて、すべてこの陰と陽の二つに配し関係付けるものとされています。

上下・前後・表裏・明暗・寒暖・動静・昼夜・内外・乾湿・大小・軽重・硬軟・強弱・攻防・生死・剛柔・勝敗・勝負・夫妻・親子・父子・母子・兄弟・姉妹・男女・日月・晴雨・春秋・東西・南北・背腹・天地・開閉・有無・真贋・真偽・清濁・加減・増減・賢愚・遠近・今昔・緩急・難易・是非・授受・美醜 ・・・ ・・・  等々。

このように、陽があれば陰があり、陰があれば陽があり、

陰と陽の互いが存在することですべての事象が成り立っています。

ただ、一方がなければもう一方も存在し得ないということに過ぎず、陽が「善」で陰が「悪」とする善悪二元論でもなくて、

陰は陽があって、陽は陰があって一つの要素となり、陰と陽の二つが調和して「中庸(陰陽バランスの取れた状態)」の状態となり初めて秩序が保たれているわけです。

たとえば、自分が健康であることは、自分の周りにあり、自分に影響を与える外的な事象を中庸にした健康になりやすい環境の中で、更に自身の状態を中庸にする事、そしてその事を客観的に捉えることが出来る自身である事と考えることも出来ますね。

 

【勝田整体治療院PCサイト】

【勝田式身長整体サイト】

【勝田整体治療院PC&スマホサイト】