勝田整体治療院

有名な整体(整体院)横浜市神奈川区東白楽駅/身長を伸ばす整体でも有名な横浜の整体院。

TEL.045-717-7277

〒221-0065 横浜市神奈川区白楽4-13 マツヤ第5ビル3F
(東横線/東白楽駅 徒歩1分以内・京浜東北線/東神奈川駅 徒歩約7分)

勝田研司ブログ
勝田整体治療院の勝田研司のブログです。

ブログ一覧

姿勢を正して身長を高く、肩こり首コリも解消

 

傾いている建造物として有名な、ピサの斜塔とキャピタルゲートビル。

美しいけど建っているのが大変そうに見える建造物ですね。

 

ピサの斜塔は南北での地盤の硬度が違うがゆえに傾いていき、

補修工事も無事に終え現在は約4度ほどの傾斜でとどまっているようです。

キャピタルゲートビルは西に18度、意図的に傾けて構造設計されているそうです。

共に倒れないように必要な部分にかなりの補強をしています。

 

躯体には通常の建造物よりもかなり大きな負担がかかっているわけです。

 

 

さてここで見方を変えて、この建造物の地上より上の部分を人間の頸部と思ってください。

デスクワークや学習時また電車でスマホを見ている時に皆さんの頸部はこのような状態になっていないでしょうか。

更に人間の場合はこの頸部の上に、体重の1/10ほどの重さの頭部が乗っているわけです。

 

キツイですよね。

是非皆さんも自分の身体のためにも、頭部の位置や頸部の傾きも意識してみましょう。

勝田整体治療院では姿勢改善し身長を伸ばす(建造物で言えば地上高を高くする)ことも可能です。

どうぞご来院ください。

 

勝田整体治療院(身長整体)

勝田整体治療院(PC用サイト)

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト)

 

身長を高くするのに重要な栄養

 

人間の身体は私たちが摂取した食べ物からできています。

私たちが最大限に身長を高くするには、摂取すべき栄養についてもしっかりと理解していかなくてはなりません。

 

お子さんの体を大きくするために、大好きなコーラと菓子パンをたくさん食べさせているとか、

クラッシックバレエで体重を増やせないから毎日サラダとおにぎり一個だけしか食べれない。

という話を聞いたことがあります。

これでは、成長期に身体を作り上げるための栄養素が不足するわけですから身長を十分に伸ばすこともできません。

 

「身長を高くするために必要な栄養素は何ですか」と聞いたとき、一番多く帰ってくる言葉がカルシウムでしょうか。

しかしカルシウムは骨を丈夫にする栄養素で、背を伸ばすためにはそれだけでは不十分です。

例えば、マグネシウムはカルシウムを骨に定着させるのに必要な栄養素となります。

マグネシウムは海藻類やナッツ類に多く含まれます。

カルシウムを骨に吸収させるために、カルシウムとマグネシウムの理想の摂取バランスは2:1といわれています。

現在日本では、カルシウムを豊富に含んだ牛乳やそのほかの乳製品もたくさん摂取することができます。

それに対してマグネシウムの摂取量は不足しがちです。

マグネシウムは海藻や魚、ナッツ類に多く含まれています。

 

ここで、骨を丈夫にするのがカルシウムだとすれば、骨を伸ばす栄養素はタンパク質です。

タンパク質は筋肉や血液を作るだけでなく身体のほとんどのパーツ作るために必要な栄養素になります。

骨を伸ばす成長点である骨端軟骨でも骨芽細胞が新しい骨を作り上げていくための材料であるコラーゲンもタンパク質から生成されます。

タンパク質は肉や魚からの動物性タンパク質と大豆などの豆類からの植物性タンパク質を十分に取り込みましょう。

また骨を丈夫に伸ばすためにはカルシウムとマグネシウムやタンパク質が必要ですが、それ以外にも成長のためには様々な栄養素が必要となります。

カルシウムを骨に定着させるためにマグネシウムは必須ですが、

それに加えて、身体に吸収されにくいカルシウムの吸収率を高めるのがビタミンDになります。

カルシウムが体外に排出されるのを防いだり、骨端軟骨での骨代謝を助ける働きもあります。

ビタミンDは、青魚やキノコ類に多く含まれています。

魚にはビタミンDだけでなく、タンパク質も豊富で、EPAやDHAといった身体に良いとされるオメガ3系の脂質も摂取できますし、

小魚からはカルシウムやマグネシウムも十分に摂取できるのでおすすめです。

そして、ビタミンB群は身体に取り込んだ栄養素をエネルギーに変えるのに重要な栄養素となります。

タンパク質がエネルギーとして使われるのに必要なのがビタミンB6です。

ビタミンB6はタンパク質をアミノ酸に分解したり、アミノ酸を別のアミノ酸に組み替えたりすることを補助するので、

不足するとタンパク質をエネルギーとして十分に利用することができなくなります。

ビタミンB郡は、魚や肉、卵やナッツ類から摂取できます。

 

また背を伸ばすのに必要な栄養素でも知られるアルギニンもアミノ酸です。

アルギニンは肉や魚や大豆から摂取することができます。

上記以外にも身体を成長させ身長を伸ばすためには多くの栄養素が必要となります。

タンパク質は最重要ですが、そのほかの栄養素もまんべんなく上手に摂取することが必要となります。

 

勝田整体治療院では、身長を伸ばす整体と同時に食習慣の改善のご提案も致します。

 

勝田整体治療院(身長整体)

勝田整体治療院(PC用サイト)

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト)

背が高くなるのには理由がある!

竹は成長がとても早く、

春先に地面から筍として顔を出し成長して竹となり50~60日で最大長に達してしまいます。

1日で1m以上伸びることもあるようです。

竹が早く成長する理由として、成長する箇所が複数あるその構造にあります。

多くの植物は、茎の先端に成長点があり、ここで活発に細胞分裂が行われ上に伸びていきます。

ただ竹には節があり、すべての節には成長帯と呼ばれる帯状の分裂組織があり、ここで猛烈な細胞分裂が行われます。

一般的には、一本の竹には約60個の節があるといわれていて、各々の節は同時に成長し、

まるで提灯を広げるように、一気に背を伸ばすことが出来るのです。

だから一日1m以上も背を高くすることも可能なのですね。

この節はタケノコの時からすでに備わっていて、成竹になっても節の数が増えることはありません。

(タケノコのとき節の数が60個ならば成竹に成っても節は60個。)

さて、竹は他の植物より明らかに短期間に背を高くする能力に長けているわけですが、

この構造が、人間の背骨に似ているのです。

関節部や中空部に相当する部分は無いのですが、竹の節と節の間を椎骨(背骨の骨の一つ)と考えてください。

 

まさしく人の背骨も竹のように背を高くする構造を持ち合わせているのです。

 

人間の場合、成長期は竹よりもずっと長く続きますので、

その間、成長に必要な栄養素をしっかりと送り込んであげる事、

成長しやすいように、姿勢に気をつけたり、適度な運動をしたり、質の高い睡眠をとったり、

ストレスを溜めない規則正しい生活を送るなど成長しやすい環境を整えてあげることが必要となります。

 

背を高くするためにより良い身体の状態を創りあげたい方は是非、勝田整体治療院へお越し下さい。

 

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト) 

勝田整体治療院(身長整体) 

勝田整体治療院(PC用サイト) 

身長を高くする為に必要な栄養素を身体に摂取しました?

人間の身体は「食べたものからできているから食事は大切」と皆さんもよく耳にしていると思います。

食事による栄養補給は人間の生命活動を行う上での不可欠のものなのです。

 

そして、身体が必要とする必要な栄養素は、

 

タンパク質・炭水化物(糖質)・脂質・ビタミン・ミネラルの5大栄養素として分類されます。

 

タンパク質は身体の主要な組織をつくる大切な栄養素で、タンパク質を構成するアミノ酸は20種類あり、

そのうち9種類は体内で合成できない必須アミノ酸と呼ばれ、食事から摂取しなければならないことになっています。

食べ物では、肉・魚・卵・牛乳・乳製品・大豆製品に多く含まれます。

 

炭水化物(糖質)と脂質は、身体を動かすためのエネルギーです。

食べ物では、炭水化物(糖質)はごはん・パン・麺類・イモ類・お菓子・果物に多く含まれ、

脂質は肉や魚の脂身・バター・マーガリン・マヨネーズ・お菓子などに多く含まれます。

 

ビタミン・ミネラルは、身体の機能を整えてくれる栄養素で、

エネルギー源にはなませんが、タンパク質・糖質・脂質の分解や合成を助ける役割を持ちます。

食べ物では、野菜・果物・海草・きのこなどに多く含まれます。

 

この5大栄養素を自動車のパーツにたとえると、

タンパク質は、車のシャーシ、エンジンやモーター、タイヤやシート、内装などの自動車本体。

炭水化物(糖質)・脂質は、車を動かすガソリンや電気。

ビタミンミネラルは、車の駆動系を滑らかに動かすためのオイル(潤滑剤)となります。

 

さて、皆さんは背を伸ばするための栄養素足りていますか?!

 

ご自身のDNAに刻まれた身長情報を最大限に生かして背を高くするには、

栄養素を身体の状況に応じてバランスよく摂取して行くことが必要になります。

 

効率よく身長を高くされたい方は是非、勝田整体治療院へお越し下さい。

 

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト) 

勝田整体治療院(身長整体) 

勝田整体治療院(PC用サイト) 

 

 

背を伸ばすために必要な「睡眠」と「成長ホルモン」

 

昔から「寝る子は育つ」と言われてきました。

このことわざも、成長ホルモンの分という視点から見て、科学的にも間違いでないことが分かります。

 

成長ホルモンは、睡眠時に多く下垂体前葉より分泌されるホルモンで、

生理作用として、成長期に骨端の軟骨細胞の分裂・増殖を促し、骨を伸張させたり、

特定のアミノ酸の取り込みを促し、タンパク質合成を促進して筋肉の成長させる作用があります。

 

さて睡眠ですが、睡眠は質の異なる2つの相から成り立っています。

1つは、睡眠中に眼球がすばやく動くことから名付けられたレム睡眠、

もう1つは、眼球運動をともなわないノンレム睡眠と呼ばれるものです。

 

そして、成長ホルモンはノンレム睡眠時に多く分泌されるわけですが、

その中でも、眠り始めから3時間ぐらいの間に訪れる最も深い眠り(ノンレム睡眠の第4段階)

の時に最も多く成長ホルモンが分泌されます。

 

この大切な時間帯に、睡眠の質が悪く眠りが浅かったりすれば、成長ホルモンが十分に分泌されなくなり、

身長が伸びなくなったり、身体のリカバリーがしっかりとできなくなってしまう訳です。

 

したがって適切な睡眠周期が得られるように、睡眠の質を高めることは本来、

個々が持っている身体のポテンシャルを最大限に発揮させることに大いに貢献することになります。

 

さて、皆さんは質の良い睡眠が得られるように工夫されていますでしょうか!?

良質な睡眠をとるためには、必要なことがたくさんあります。

 

良質な睡眠状態で、個々が出来うる最大限に身長を高くしたり、

寝ている間、最良な状況に身体をリカバリーしたいと思われている方、、、

 

このようなことに興味を持たれた方は、是非、勝田整体治療院へご来院ください。

ご自身のポテンシャルを最大限に引き出せる身体の状態にするお手伝いをいたします!!

 

勝田整体治療院(PC&スマホ用サイト) 

勝田整体治療院(身長整体) 

勝田整体治療院(PC用サイト)