勝田整体治療院

有名な整体(整体院)横浜市神奈川区東白楽駅/身長を伸ばす整体でも有名な横浜の整体院。

TEL.045-717-7277

〒221-0065 横浜市神奈川区白楽4-13 マツヤ第5ビル3F
(東横線/東白楽駅 徒歩1分以内・京浜東北線/東神奈川駅 徒歩約7分)

勝田研司ブログ
勝田整体治療院の勝田研司のブログです。

ブログ一覧

スプリンター(アスリート)への身長整体/帯整体

アスリート(すプリンター)への身長整体/帯整体の動画になります。

 

 

Youtubeチャンネル登録は→

 

★ 勝田整体(PC&スマホ用サイト) 

★ 勝田整体治療院(身長整体) 

★ 勝田整体治療院(PC用サイト) 

帯整体&身長整体/姿勢改善し背を高くする

帯整体も含め姿勢を整え身長を高くする身長整体の施術の一部分のYoutube動画。

Youtubeチャンネル登録は→

 

★ 勝田整体(PC&スマホ用サイト) 

★ 勝田整体治療院(身長整体) 

★ 勝田整体治療院(PC用サイト) 

整体で身長を約2センチ伸ばす動画(帯整体/Y-Strap紹介も)

勝田整体治療院での施術の一部分。

整体で姿勢を整え身長を約2センチ伸ばす。帯整体(Y-Strap紹介も。)

 

 

本日19:00ごろYoutube動画をアップさせていただきます。

https://youtu.be/dgch68zU03Q

 

チャンネルの登録は→

https://www.youtube.com/channel/UC3Bz4UxV-Nu3LVLSIuQqlzI

 

勝田整体治療院 院長挨拶の動画は→

 

勝田整体(PC&スマホ用サイト) https://seitai3.net/

勝田整体治療院(身長整体) http://bbseitai.jp/

勝田整体治療院(PC用サイト) http://seitai3.com/

★カイロプラクティックドクターによるY-Strap使用の施術動画

● Dr. Joe ‘BackCrack’ CiprianoのYoutubeチャンネル 

● Dr. Alex Tubio のYoutubeチャンネル

 

食物繊維を多く摂取すると死亡リスク20%減少

国立がん研究センターの研究チームが食物繊維を多くとっている人はそうでない人に比べて、死亡のリスクが約20%下がると発表しました。

豆類や野菜などに含まれる食物繊維は、コレステロールや血圧を下げたり、炎症を抑えたりする効果があるということです。

研究チームは、45~74歳の日本人の男女約9万人に食事調査に協力してもらい、1995年以降、平均16・8年間追跡して、どの食品をどれくらいの頻度で食べているかなどを答えてもらい、食物繊維の摂取量を推計。1日の量で五つのグループにわけて比べました。

年齢や喫煙、糖尿病などの影響を除いて分析すると、摂取量が最も少ないグループより10グラムほど多くとっている、最も多いグループでは、男性は23%死亡リスクが減少。女性は18%減少していました。

食物繊維を10グラムとるには、ゆで大豆なら120グラム、ゆでキャベツなら500グラムが目安という。

どの食品からとっているか調べると、大豆などの豆類、キャベツなどの野菜類、ミカンなどの果物類からの摂取量が多い人ほど死亡リスクが減少していました。

一方、穀類からの摂取量は死亡リスクに影響していなかったそうです。

ちなみに食物繊維が多い食品は、

  • 豆類 煮豆(大豆、うずら豆、あずき) 納豆おから
  • 芋類 さつまいも里いもこんにゃく
  • 野菜 ごぼうふきセロリアスパラガス青菜類キャベツ白菜
  • 果物 柑橘類(みかん、グレープフルーツなど) バナナうり類
  • きのこ類 しいたけしめじえのき
  • 海藻類 わかめ寒天ところ天
  • 穀類 玄米胚芽米麦めしとうもろこし
是非みなさんも食物繊維の多い食品摂取を心がけましょう。
 

納豆「毎日1パック食べる」と“死亡リスクが2割低下”

 

国立がん研究センターの研究チームがまとめた調査結果によると、納豆を毎日50グラム(1パック程度)食べる人は、ほとんど食べない人に比べて、脳卒中や心筋梗塞などで死亡するリスクがおよそ20%低くなることが分かりました。

発酵性大豆食品や大豆食品を食べた量によって5つのグループに分類し他の食品による影響や降圧剤を使用しているかなどの影響を取り除いて分析した結果、発酵性大豆食品や大豆食品を最も多くとるグループ(およそ50グラム)は、最も少ないグループと比べ、男女ともに死亡リスクがおよそ10%低いことが判明しました。

そして発酵性大豆食品や大豆食品の中で、最も死亡リスクを低下させたのが「納豆」。

納豆を、毎日およそ50グラム(1パック程度)食べるグループは、ほとんど食べないグループと比べ、男女ともに脳卒中や心筋梗塞など循環器の病気による死亡リスクが、およそ20%低いことも明らかになったのです。

では、納豆の何が良かったのでしょうか。

納豆はマグネシウム・ビタミンK・カリウム・タンパク質・ビタミンB群・レシチン・食物繊維などの栄養素を十分に含み、発酵時に増える納豆菌は、ナットウキナーゼ・ビタミンK2・ジピコリン酸度などを産生します。

この納豆菌は腸内悪玉菌を減少させ、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を増殖させてくれます。

今回、納豆の何が良かったのか特定されてはいませんが、皆さんもぜひ毎日の食事に取り入れていきましょう。

 

勝田整体治療院(身長整体)

勝田整体治療院(PC用サイト)

勝田整体(PC&スマホ用サイト)